manasuke.com

指と指の間をすり抜ける、まなすけな日々。

PIXY -DEVIL NIGHT FEVER!-in Shibuya O-West

PIXY -DEVIL NIGHT FEVER!-
0226 Shibuya O-West

センター後方からのレポになります。
かなり込み合っていて、私も体調不良だったため内容が薄いかもしれません。すみません!


set list

自殺サークル

グラマラススカイ/中島美嘉
粉雪/レミオロメン
「―」
オルゴール/ムック
>これだけ景夕がボーカル

☆ヤングマン(結良さんと舞っちょ+ドラム景夕)

宙船/TOKIO
>結良ボーカル
リンダリンダ/ブルーハーツ(だっけ?)
>舞っちょボーカル


----------
少年と空
僕との秘密

少年ブギー
名残草々
夢のような日々
時間
すれ違い
上海遊戯

カラスノマクラ
ミセス
雨の告白
ロック
ショータイム

また会う日まで



まずは自殺サークル
(Vo.靖乃Gt.景夕&gechenaの一希とユエがBa.Drsを担当するセッションバンド。)
ちょっと覚えてないんですが靖乃と景夕が掛け合いしている影マイクが入って、幕が開くとドラッグクイーン(NANAみたいな?)ファッションの靖乃がセンターに。
靖乃は黒髪のカツラで前髪を真ん中で分けるというまさにNANAな格好でした。笑
景夕は一希、ユエは白衣。景夕はそれにプラスしてマスクでした。背中に文字が書いてあったのですが、なんて書いてあったかわかりません。ごめんなさい;;
景夕のソロのときにはヒラヒラもやってました!ただ終始座っていたみたいで後ろのほうにいた私たちには全然見えませんでした。

MCでは一希がよく喋っていたのですが、現在のgechenaでは喋るキャラじゃないらしく(景夕が何度も「キャラちがう!」といってました)、久々に喋れて嬉しかったようです。

そして今日は景夕の誕生日と言うことで、一希は健康を考えてファンの子があげないようなものをプレゼントしようと思ったらしいです。
そして景夕が開けると、中にはヨガマットがはいっていました。笑
靖乃に「そのうちギルの遊び場にならんようにな」と突っ込まれ、そこからギルの話に。

景夕「なんかさー、俺はいつも一緒にいるし毎日世話してるからわかんないんだけど、舞ちょとか結良さんとかがくるとさー」
一希(違うかも)「え、靖乃さんは?」
靖乃「誘われへんもん!」←笑
景夕「だって見たいって言わないじゃん!それでね、二人が言うにはうちのギルがだいぶでっかくなったみたいでさー。なんか、こんぐらい?(てで頭から尻尾までを示す)」
靖乃「なんかお前が話し始めてからコッチ(一希たちを指して)完全にシカトだよな。」

一希は「せつない」と言ってました。笑

その後底辺だったのですが、なんと景夕と一希がリンダのれいたとルキさんのようにボディバンキングをしていました!

続いてヤングマン。笑
結良さんのYがYoungのYで、舞ちょのMがManのMなのだそうです。
結良「緊張するねー」
舞ちょ「緊張するねー!!」

何をそんなに緊張してるのかと思えば、二人ともボーカルをやったからなんですね。
このあと二人じゃできないから、といって景夕が登場。ドラム台にのって、みんなから見えない、埋もれてるといわれてました。笑

最初が結良さんボーカルで宙船だったんですが、結良さんの声が結構軽いのでほんとに長瀬君みたいでおもしろかったです!
景夕さんが一生懸命ドラムやってるのが可愛かったです。
途中結良さんは歌詞飛んでました。笑

続いて舞ちょボーカルでリンダリンダ(!)だったのですが、かなり緊張してたみたいで、「知ってる人は一緒に歌って!」と言った声が高かったです。笑

この後「僕たち友達が少ないから、友達ができないうちはこんなのもやるかもしれません」みたいなことを結良さんが言ってました。





ようやくKraの登場。衣装は皆ばらばらでした。
靖乃はチルドレン(迷作のDVD)で結良さんは屋根裏の管理人(Cureの表紙や小悪魔ライブの衣装)、舞ちょは四季旅の散歩者で、景夕が一番古くてサーカス少年でした!

頭は靖乃が生まれて、いつもどおりの入場。バックにKraのロゴが貼られていて懐かしい気分でした。
少年と空、僕との秘密の流れでしたが、景夕さんはさっそく僕との秘密で歌詞飛んでいました。
僕との秘密を弾いている舞ちょはとてもかっこいいですよ!是非見てください!笑

ここでMCが入って、「さっき喋ったから話すことない」みたいなことをいっていました。笑
それでKraからのプレゼントをココで渡したのですが、イヤホンと充電器と言うとても実用的なプレゼントでした!
景夕さんは「イヤホンちょうど今欲しかった!」と喜んでいました。
結良さんが「この前孝ちゃんがモンハン買ったときにイヤホンついてたからさー、僕たちそのときもう買ってたから焦った」と話して、景夕が「いやでもあれってクリップみたいなやつじゃん。あれ音漏れするんだよね。前にさーそのイヤホンで電車のなかで『巨乳まんだら王国』聞いてた事があって、周りの人に見られてたことがあるんだよねー。」と暴露。
「俺最初は服が普通じゃないからかなーとか思ってたんだけど、ああ、音漏れかー!みたいなね!」

このとき靖乃に「どれも普通じゃない」みたいに言われて、お前に言われたくない・・・という感じのノリになったのですが、先ほどのドラッグクイーンが激しかったせいか、今が普通に見えると景夕が言っていました。笑


この後は久々の少年ブギー(私は迷作以来でした!)で、やっぱり歌詞飛び発生する景夕さん。
名残草々はそんなこともなく、綺麗に歌い上げていました。続く夢のような日々では何かを懐かしむような表情で歌っていて素敵でした。

その後の時間は景夕がギターを弾いていました。歌とギター両方やるのって結構体力使うようで、終わったあとかなり疲れている感じでした。
すれ違いもかなり久々(はじめてかな?)に聴きました。

上海遊戯はマイクのコードを片手に持って、シャンソン歌手みたいな感じでした。(うーんシャンソン歌手であってるかどうかわかりませんが;;)
かなり色っぽい雰囲気で歌ってたというのが読んでる方に伝わるといいのですが。。

ここでMCが入って、(違うかもしれません)「今日のセットリストは・・・実はここWestでライブをやるのはアートマンブラフマンを出して回った最初のワンマンツアー『アジアンルーレット』のファイナル以来なんです。なので今日はそのアートマンブラフマンまでの曲でセットリストをくんでます」と言っていました。
ココじゃないかもしれないですが、景夕が靖乃に「つぎ、煽っとく?」と聴いていたのが可愛かったです。靖乃いわく「リハのロビーとかじゃないんやから」だそうです。笑

カラスノマクラは舞ちょのキュルルルルとギターをこする場面を見るのがすきなのですが今回もかっこよかったです。
ミセスはあたまがいつものように長い前奏みたいになっていて、「何の曲かわかってきたかー??」と景夕が聴いていました。笑

雨の告白ではタイトルコールがありました。景夕は振り付け結構やっていました。
ロックの繰り返す〜の部分は指をくるくる回していました。かなり煽っていたと思います。
ショータイムはそれなりに長かったのですが、さすがに時間が押していたようですごく長くはなかったです。
舞ちょがセンターに煽りに来たときがめちゃめちゃかっこよかった!今日のMVPは舞ちょです。←

ショータイムが終わったあと、「みんながいるからライブができます、ありがとうございます!」みたいなこと言ってました。
ラストは「久々の曲をやります。わかる人はみんなで歌ってください」でまた会う日まででした。
最後の最後に舞ちょが「今日はホントにありがとう!」と結良マイクで言って捌けていきました。


後半薄くてすみません。