manasuke.com

指と指の間をすり抜ける、まなすけな日々。

Creatures発売記念ミニアコースティックライブ


Creatures発売記念ミニアコースティックライブ
1118 タワーレコード新宿店

set list

愛のフレーバー
どこまでも続く坂の途中
World
日曜日


衣装ではなく私服でした。景夕は野球帽でした。少年のようで可愛かったです。結良さんはハンチング。
入ってきたときから舞ちょが非常に眠そうでした。笑

曲はすべてアコースティックバージョンのアレンジになっていて、舞ちょはアコギ、靖乃はブラシスティックを使っていました。
Worldの頭で靖乃がミスをしてやりなおしをしていました。

以下MCをまとめて。

・景夕が結良さんの靴下が気になるという話。
結良さんが座っているとパンツが少し上がって、そこから靴下が少し見えるのが気になるということで・・・。彼は黒とピンクでドクロ模様の靴下を履いていました。
景夕が「おっしゃれー!!!!」と言っていました。笑


・結良さんは靴下が使い捨てという話。
上の話に続いて、結良さんは脱いだ靴下を洗濯機に入れないので、結露などで結局カビが生えて捨てるという道をたどるのだそうです。
ちなみに結良さんは靴下をドンキで毎度毎度まとめがいするとのことです。


・舞ちょは新宿にこない話。
基本引きこもりだからね。と景夕に言われた舞ちょ。この日の舞ちょはテンションが非常に謎だったのですが・・・
舞「そうだよね、引きこもってちゃダメだよね!!」
景夕「こうやってさ、いろんな人と触れ合って感性を育てるんだよ!」
舞「あーわかった!」←若干聞き流し
景夕「お前聞き流してるだろ!わかってないだろ!!」
そして感性を育てた結果、舞ちょは「秋ですね」と一言。結局景夕に「もう冬だけどね」と突っ込まれてました。


・結良さんが影である話。
その名の通り、結良さんが屋上にいながらにして影にいるということを突っ込まれていました。笑
それと対照的に、靖乃のヘアセットがおでこ出しスタイルだったせいで光が反射してまぶしいね、という話も。
あまりにも結良さんが影に入っているということで、Worldでは立って弾いていました。

・当てはめたらこうなりました、な話。
景夕が何かを喋っているときに、結良さんがぼそっと「孝ちゃんその喋り方劇団ひとりみたい」と言いました。
そのあと景夕が舞ちょのことを「江頭だろー」と指差して、「でー、のってぃは小島よしおじゃん」と。靖乃は軽くそんなの関係ねぇをやってました。
「で、お前は・・・」と結良さんを見たはいいのですが、思い浮かばなかったようです。結良さんは「つまんない男です」と返してました。笑


・新宿の子猫ちゃんの話。
舞ちょは何を思ったのか、ファンに向かって「こんなに新宿の子猫ちゃんが集まってるんだから!」という大胆発言をしました。
景夕はそれに唖然として、「じゃあこいつらホームレスってことか!!」とコメント。
景夕「新宿になんで猫がいるかって、色んな店から飯がもらえるからいるんだぞ!!こいつらが飯もらってるってことじゃんそれじゃあ。」


・舞ちょ、新企画?の話。
上の話に引き続いて。
景夕「じゃあ舞ちょ今度会報の企画とかでさー、デパ地下をご飯とお箸だけもってめぐってみろよ。果たしてどのデパートが許してくれるのか?!」
舞「あ、いいねそれ。」
景夕「じゃあやれよ!」
舞「うーん・・・・」
景夕「結良さんなんかないの?」
結良「え?じゃあデパ地下にご飯だけもっておかずハンティングでいいじゃん」
景夕「今それ言ったじゃん俺!」
結良「あ、そうなの?」
どうやら結良さんは景夕の話を全く聞いていなかったようで。
景夕「もう帰りたい。」


・赤鼻の景夕の話。
景夕が途中で鼻をかんでたのですが、そのときの景夕が靖乃のほうを向いて鼻をかんでて、それをみた靖乃が「すごい不細工な顔です」と実況。
鼻をかみ終わってこちらを向くと、若干鼻を赤くしていました。笑



握手は靖乃、舞ちょ、景夕、結良さんの順番でした。話した内容はしょうもないことなので触れませんが。笑
あ、このとき結良さんに靴下を見せてもらったのですが、黒とピンクの市松模様の中に所々ドクロの模様が書いてあって可愛かったです。